Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

David Stuart

あなたが選択した目標は、より安全にやりたいです。

素晴らしいです。そのためにたくさんの方法があります。

ドラッグの身体への作用、できるだけ安全な使用法を知ることから始めましょう。

最もよく起こる害として性感染症があります。PrEPやPEPの情報入手、コンドームの使用、定期的な検査は、害を最小限にする一つの手段です。覚せい剤を使用すると、これに由来する精神症状も起こり得ます。この精神症状が発症しやすい人たちもいます。特に睡眠不足の時に誘発されやすいです。あるいは注射で打ったとき。被害や安全を脅かす謀略の認識、偏執として現れることが大部分です。それらはテクノロジーや、カルト宗教、あなたの不幸を願う周りの人に関する内容です。ときには症状はそれほど重くなく、怯える程度です; 誰かが玄関の外で聞き耳を立てたり、私たちのことに関して囁いたりしていると考えて。もし身の危険を感じるのならば、<英国では>警察を呼んだり救急室を受診するのがベストです。<英国では>血流の中のドラッグは犯罪ではありません。所持が犯罪になるのです。なので、<英国では>所持がなければ、救急室を受診したり警察を呼ぶことでトラブルに巻き込まれることはありません。精神症状でも、実際の危険でも最も安全な場所です。GHBやGBLと、ケタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン(バリウム)を併用すると大変に危険です。オーバードーズが起きやすいく、死に至るかもしれません。量を正確に測ること、適度な間隔で摂取することが極めて重要です。身体的依存に陥ることがあり、制御が難しくなり、離脱症状も危険です。さらに知りたい人はこちらから。

ケムセックスへの助言

  • 定期的にHIV、C型肝炎など性感染症の検査を受けましょう
  • 他の人に注射させないでください
  • 可能ならあなたが信頼できる人とやりましょう。ドラッグの使用で私たちの判断能力は劇的に損なわれてしまいがちなので。
  • まだシラフのうちにセックスや薬物に関して何をするつもりで、何をするつもりないか境界線をはっきりさせてきましょう。ハイになったときにそれを確認できるように。この境界を守れる保証はないが、役に立つかもしれません。
  • 長時間遊びすぎないように。被害妄想/偏執や幻覚症状は翌日、起き続けた2日目に生じやすいです。
  • 注射針や注射関連の道具を使いまわさないでください。もしあなたが安全に注射できる自信がなかった場合、エキスパートに相談してください。正しくおこなわないと感染症のリスクが高いです。現在、HIV陰性だけど直近のドラッグ使用で感染したかもしれないと思った場合、PEPについて調べてみてください。感染機会から72時間以内に服用すれば、感染から身を守る助けとなる薬剤です。
  • いつもと違った方法で夜や週末や余暇を過ごしたいと考えているなら、ゲイ男性を主な対象とするスポーツやソーシャルイベント、レクレーショナル活動を探してみてください。
  • うつや体重減少、精神的依存を避けたいなら、定期的な使用は避けてください。シラフのセックスをセックスライフに入れて、デートや性的でない楽しみ、親交を持つようにしてください。
下のタブには、メフェドリン(メフ、Mカット)、覚せい剤(ティナ、アイス、メス)そしてGHB、GBL(G、Gina)について詳しい情報があります。安全にな使い方、害を最小限に抑える方法、より安全な注射の仕方、GHB/GBLの量調整、など。

0